くろねこくぅまんplus

浸潤性小葉がんになった。そしてスピリチュアルに目覚めた。手術の事とか体の事とか、誰かの「気づき」になればいいな。

毘盧遮那如来を感じると言うことは/私的見解

おはようございます。

 

2020年12月21日は冬至

しかも、木星と土星が接近する星の配置

20年に一度の通常よりも、さらに接近するようで

約400年に一度なのだとか。

とても貴重だったのね。

差が0.1度という超接近は22日だったようですね。

 

23日今朝、天体アプリで確認したころはまだ重なって見えました。

軌道が太陽ともそろっていました。(場所は埼玉秩父午前7時ころ)

天王星も近くにあるのですね。

 

 

基本的にあまり意識していない星の動き。

空を見るのは大好き。

知的に観察してみるのもイイかもです。

冬の空は一段とキレイです。

 

 

 21日の

そんな日を私は⤵な感じで、やる気もでず。

グダグダとすごしておりました。

ちょうど19時頃が一番調子悪くていましたら。

その頃が星の位置が近くなりだした頃のようで

 

天体の動きに影響されていました。

 

21時頃になると体調も回復したので、

記事も書き出しブログの更新をした次第です。

f:id:kuronekokuuman:20201222110544j:plain

 

冬至を過ぎると陰の氣→陽の氣へ向かいます。

 

天体も人間も、暦(時間)も 全て影響し合っている

意味があるのだと感心する。

 

 

 

 

 

 

今日は、先日からいらっしゃる

 

毘盧遮那如来様のはなし。

 

前にもお話しましたが、また存在を感じております。

語られる訳でもなく、いらっしゃる。

 

毘盧遮那如来は、大日如来と同一視されます。

同じ宇宙を表す仏です。

 

毘盧遮那如来から大日如来へ進化している訳ですが、

違いは何かと申しますと、役割です。

 

神も仏も高次元の存在は役割分担をきっちり行います。

得意な事しかしません。

神様の方が事細かく役割分担をするので、八百万の神と言うくらい沢山神様がいらっしゃるわけですね。

 

 

私の感じる毘盧遮那如来は

森羅万象 宇宙のすべてを表す仏 目に見えるモノも見えないモノも遠い真っ暗闇の宇宙の果ても、身近な人も山も宇宙人も、遠い一人ぼっちの人も海も異星人も、幽霊も悪霊も悪魔も畜生も全部を含むエネルギーを表す仏です。

 

そこから、個たる固有名詞で表され、形となり意識を感じ、意思が芽生え、個として自立した存在のすべてを創り出した仏が大日如来です。

だから、大日如来が他の仏を創り出したと言う事になるのです。

阿弥陀如来の弟子なのに(笑)

不思議に感じていた人いません?

 

仏も神も、形(姿)が見える、見えない、あるない にこだわりがなく。

もともとは「こういう感じ」と言うイメージは固定されていないモノでした。

それを、人型ヒューマノイドが誕生してから、交流するのに統一意識(固定イメージ)があった方が便利だからと、大日如来がお働きになり、阿弥陀如来と言えばこんな感じ、釈迦如来はこんな感じ、(天照大御神はこんな感じ、大国主はこんな感じ)

など、イメージが創り上げられるようになったのですよね。

 

簡単に言うと。

形の無いエネルギーだた意識が、形を創り上げる事が出来たのは大日如来のお力と言うことです。

毘盧遮那如来は、形のあるない関係なしにエネルギーを司る仏であり、大日如来はその形ないエネルギーに形を与えた仏と言うこと。悪く言えば枠を設けたわけですが、枠があるからこそ他者との意識を統一出来た(拡張した)ともいえるのです。

エネルギー変換器のような役割とでも言いましょうか。

なので、どちらも同じ宇宙の真理の仏となるのです。

 

 

神様でたとえると、

大日如来はアマテラスオオミカミ 毘盧遮那如来はアメノミナカヌシ

という感じでしょうか。

 

 

その毘盧遮那仏様を再度感じるとはどういうことか?

ですが、

前回は確か8月くらいでした。推測すると、

エネルギー変容があるのだろうな とおもいます。

 

1月からまた動き出しそうですね。

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

変化や拡張は感じたときがタイミング

人それぞれ

 

望めば

いつでも移行できる。

あせるな。

焦ると言う事は他人軸と言うこと。

自分時間でよい。自分を観よ感じよ。

コツコツ、楽しめばいい。

 

遅いとか、この時じゃなきゃとか

乗り遅れるとか、閉まるとか、

 

無いから。

 

そんなこと言ってるようじゃ、他人軸なんよ。

それは、イベント事なだけ。

そういう事もまるっと楽しもう。