くろねこくぅまんの乳がんになったので

浸潤性小葉がんになりました。手術の事とか生活の事とか残していこうと思います。誰かの「気づき」になればいいな。

深大寺様のご加護は厄除けか?+温泉へ行ってみたシリーズ

 

f:id:kuronekokuuman:20191009160143j:plain

 

だるまさんや、日本最大厄除け大師としておなじみの

東京都調布市 深大寺様

 

いってきました。

ぶらっと行ってボーっとしているだけでイイと思えるくらいリラックスできます。

いつ行っても、来るものは拒まずと言うような懐の深さを感じることができるお寺です。山門のかやぶき屋根も心落ち着きます。 

境内にベンチが設置されていたら長居になりそうです。

しかーし!深大寺はなかなか広範囲にお堂がありまして、山門より東参道方面へ行くと不動堂。西参道方面へ行くと大黒天様恵比寿尊様がおられます。

北門の開山堂もお回りください。なかなか良い散歩になります。

厄除けと言うと力強い神仏様を想像するかと思いますが、ご本尊は宝冠阿弥陀如来様。厄除けとされるのは元三大師様がおられるから。どちらの仏様も慈悲のお心が深く強い仏様です。厄除け祈願でお参りされる際は本堂と元三大師堂へのお参りをされてくださいね。

木々も多く、水も豊富で、穏やかな気の流れる深大寺様は癒し?良い意味で緊張がほぐれるお寺だと思います。この周辺一帯気の流れがいいのでお寺へのご参拝だけでなく散策したり休んだり時間を過ごしてください。

芯の強さや覚悟を確かめたい方にお勧めいたします。良い意味で肩の力が抜け前に向かって歩む転機となると思います。

神社様お寺様へお参りの際はマナーを守ってお参りくださいね。

 

余談

こちらの大黒天様恵比寿尊様にお会いするとなぜだか笑っちゃうんですよね。心がワクワクして楽しくなる感じです。クヨクヨしたお気持ちのある方は大黒天様と恵比寿尊様へご挨拶されてみてはいかがでしょうか?

 

www.jindaiji.or.jp

 

 

デートや観光にぴったりの深大寺周辺。

 

門前の茶屋(お蕎麦屋さん)などのお店の雰囲気もいいし、

都立神代植物園や水生植物公園があります。

お寺へのご参拝以外でも周辺をプラプラするのも楽しいです。

 

ランチはモロヘイヤと明日葉の天ぷら!のお品書きが気になって今回は「八起」さんへ

ヨモギそばと野草天ぷらいただきました。美味しかったです。ごちそうさまでした。

 

chofu.com

 

 

つぶやき

こちらの神仏様は「よし!やるぞ」と決意のある方が好まれ、応援してくれるように思います。この人!と決めたお相手がいる人は、その方を誘って深大寺デートが良いかと思いますよ。ご夫婦はこれからの絆を深めるのによい場所だと思います。 反対にお別れする場合も決意が必要ですよね。そんなときも新しい出発を温かく見届けてくれると思います。

 

 

傷口が痛むとか言ってるのに懲りずに温泉巡り(^_^;)

深大寺温泉 湯守の里

東京の調布や府中の温泉は塩分を含む古代湯と言われる温泉である事がほとんど。 

大昔の海水と植物の養分をギュッと凝縮されたミネラル分豊富な黒色のお湯です。

その中でも湯守の里の温泉は温度は高くないものの成分は濃い気がします。お湯に浸かった時からヌメっとするほどの柔らかい湯触り。

お肌がサラサラになる事間違いなしです。

お湯の匂いは「ない?」と感じる人もいるかと思いますが、古紙書物のような匂いがします。(笑)

それと、気になったのはお湯の循環をかなり抑えていると言うところ。

温泉成分の劣化や気の流れを抑えるために意図的に行っているように思います。

温泉の成分により細かい泡が出るので、見た目で気になる人はいるかも。

最低限の水の流れは確保されていますのでご心配なく。

気になる人は気になっちゃうかもな(;^_^A

 

今回の温泉場にはおひとり様でお湯を楽しまれているご婦人が多かったです。

なので、皆様静かに入浴されていました。 人数的には10名以下と言うところ。

洗い場は8席程度で多くはないものの湯船は5か所もあると言う、施設的には割と大きな温泉場でした。

お湯も黒いので傷口見えないし、程よくパーソナルスペースも保てるので、ストレスは少ないかと思いました。

ただ、脱衣所は大きくはないので、時間的には込み合う時がありそうだと推測されます。洗面台も4席なので、ドライヤー待ちになる事もあるかと思いますね。

食事処と休憩室もあるので混んでなければゆっくりもできますよ。

 

www.yumorinosato.com

 

 次はどこへ行こうかな。