くろねこくぅまんplus

浸潤性小葉がんになった。そしてスピリチュアルに目覚めた。手術の事とか体の事とか、誰かの「気づき」になればいいな。

修験道

秩父観音巡礼のご案内

秩父観音巡礼のご案内です 修験者と行く 歩き巡礼となります🎵 詳細は⬇️ 秩父観音霊場巡礼参加者募集中❗ | 秩父曼荼羅小屋通信 ~峯龍の求道日記~

確信してる

習う 倣う 学ぶ 勉強する ってどういう事か知ってる? それでいて、 生徒としてソレと 弟子としてソレと たまたまソレと どういう違いがあるか知ってる? ぜんていとしてさ、 言葉や言語 概念や意味なんて 所詮人間が考えて、常識にしただけだから あって無…

うさぎ

コロナ鬱と言う状態があるらしい 頭が快調に動かない…と感じるのも それなのかぁ? やる気というか力(パワー)が出ない。 読経に力が入るようにはなってきた (力みじゃなくて) 師の助言を元に 放つことに集中しないように 自分のフィールド内を循環するように…

人間は水と土でできている。

宗教、信仰、民俗、土地柄…とうとうは 場所や風習、郷土の概念、伝える人などで 同じ筋からの教えであっても、 変わってしまう事がある。 (進化なのだとは思うが…) ただ、人も 教えも、信仰も 変わらない 変わっちゃいけない 軸があると思うのよ。 真髄たる…

点と線と点…

数日前の話になる 道場でもある秩父曼荼羅小屋に近いこともあり 先生方のお時間が許される時に事前連絡の上 出掛けることがある。 その時の雑談も学びになるわけで。 武術を用いた話になった。 武術でも 点と点の間の 線となる軌道を簡略化して 触れて一撃す…

摩利支天堂

龍王祭の翌日は 摩利支天のご縁日ということもあり 札所10番「大慈寺」近くの摩利支天堂へ なぜ、ここに摩利支天?とずっと気になっていた。 大慈寺へご挨拶のお勤め いざ摩利支天 民家の間を山に進み石段を上がると 思ったより遠くはなかった… まずはご挨拶…

読経も🎼ミサ?讃美歌だよね

先日の土曜日は龍王祭でした。 出席人数も増えて 和室へ下がって参加 中央の割には音の共鳴が緩やかで 堂主の声がよく聞き分けられた… でも、なぜか不完全燃焼気味 当日の講話終了後の雑談の時 今日の勤行は合っていなかった という意見を聞いた。 合ってな…

収穫が大きかったぞ

諏訪信仰の発祥の地といいますか、 大元はここではないかと思う場所で 祈りを捧げ終わったとき 雷⚡のような「ドーン」という音が1つ その日はマラソン大会が行われるようで その、スタート合図(?) に、しては 抜群のタイミング 言霊で風が吹き 風の強弱と…

山伏と行く秩父観音巡礼

我らのご本尊であります 八大龍王さま ご縁繋がりがえげつないと有名(?) 始めはシンクロニシティが起こり出していき、 シンクロぐらいは 私も当たり前になってきているので 驚きませんが、 疎遠になっていたご縁が復活からの スピードが早い(笑) 全くもって…

凝縮された神秘

とある物理屋さんが言ってたなぁ この世の全ては「黄金比」でできてるって。 法があるということですね! 渦をまき 中心に力(エネルギー)が凝縮されたとき 物質になる。 ワォいいね️ 凝縮する神秘よ 何が凝縮するかって? エネルギー 粒子ですよ。 人間はそ…

フラクタルに理解することの重要性

修験者として 学んだ術や口伝、要となる教えを 私がお伝えすることはできません。 重要だから… ただ、個人の体験や経験が誰かに役立てば。 と、意識と感覚のこと。 そぉ 目には見えない繊細な感性、感情の部分 (感じる、信じる、やってみる)を どーにか言葉…

穴があいてスースー問題?からの…

本日、 数ヶ月前から対応していました(個人的) 通称?『スースー問題』からのご縁で 信頼のおけるヒーラーさんに エネルギーワークを 受けられることになりました。 その、スースー問題とは オーラっていうかぁ エネルギーの層に穴があく と言う 摩訶不思議…

スピ用語と解釈

スピリチュアル用語って たくさんあって わからないw その言葉や意味が生まれた事にも 原因とする 元があるんだと思うんだけど 意味や概念、使い方、捉え方 が 人によって違うから 余計にややこしい。 この世は因果応報 因果関係で動いてるよ ってことくらい…

鎌倉五行巡礼 

秩父曼荼羅小屋 今回は公共機関を使って二日間の鎌倉巡礼 10名を越える人数での移動は 目立つし、邪魔になりがち… 当日遭遇しました皆さま ありがとうございました 鎌倉といっても 曼荼羅小屋の巡礼は目的に合わない限り メジャーな所には基本的に行きません…

御霊磨き

人間は意志が弱くなるから 敬う対象があった方がいい。 従う法があった方がいい。 いくら崇高な気持ちになっても 悟っても 気づきがおきて レベルアップしたと思っても 弱みが出れば 落ちるから。 そして できた! 長けてきた 解ってきた 出来る と思うと 確…

叱咤激励→がんばり→供養

あっちにφ(..) こっちに(・・;φ そっちに“〆(^∇゜*)♪ 萬霊供養祭 「御霊供養巫女舞」 | 秩父曼荼羅小屋通信 ~峯龍の求道日記~ 萬霊供養祭 巫女舞 素晴らしかったです😢 感動いたしました。

仲間とは…

昨日のつづき 似た者同士の集まりについて - くろねこくぅまんplusp じゃー せっかく仲良くなって 気も合うし、楽しい仲間 だったのに、 好きだけど、楽しいけど、 ナンだか違う… ナンだかワクワクしない… ナンだか合わなくなってきた… と、いうのも自然な事…

もったいなーい /オススメ

みんな修験を誤解している 実にもったいないw いやー本当に。 秩父曼荼羅小屋では 巡礼や修験についての講演や先導(先達)を 請け負っています。 ☆持ち物から ☆当日の服装 ☆神仏へ向き合うお作法 ☆心の準備 の相談も出来ます。 神仏と向き合う事への緊張や不…

お知らせ

ほいな! あっちにφ(..)カキカキ こっちにカキカキ(・・;φ そっちを使い📱 ここに貼る🔗 ”修験行者と行く「鎌倉江島曼荼羅」ご案内” | 234fuuのブログ こう言うのもご縁なんで…。

これぞ山行

今年は『釈迦ヶ岳』に登る 朝5時30分 バスで登山口まで向かう。 昨日通りすぎてきたあの場所から登るらしい… 2時間かかる( ̄▽ ̄;) バス一台が通るのがやっとの道を グングンと行く。 地元ドライバー強し! バスのなかでオリエンテーションを済ませ 朝昼用…

いざ天川洞川へ🎵

(大峯ワークの続き) 明けて本日は 洞川で秩父曼荼羅小屋メンバーと合流です。 途中寄り道しながら向かうつもりが、 ほぼストレートで来てしまった。 本日も山道走行 途中「釈迦ヶ岳(登山)入口」を発見!? ここまで来るの? まさかねぇ… 洞川に到着 今年もよろ…

錫杖の音

(大峯ワークとは関係のない話) 本日の勤行 九條錫杖で同じところを2度読んだ… 読経中 ふと考えていた事があった。 その答えがここにあるのだろうと思う。 (第七邪類遠離条)當願衆生 とうがんしゅじょう十方一切 じっぽういっさい邪魔外道 じゃまげどう魍…

熊野さらに続き

熊野三社をわまり あそこも、ここも! と思いながらも お宿のある村へ急ぐ。 時間があれば訪れたい けど、 行けるのか… と珍しく煮え切らない 本当に時に委ねる思い。 どうする? 行ってみる? どうなのかな? どうだろう… ずっとこんな具合。 道が酷道(国道)…

熊野の続き

那智大社のお次は 熊野速玉大社へ 御祈祷が始まった。 絵になる 右側に伸びる 摂末社? この辺りがいい感じがしたな。 大地を踏みしめろって言われてるみたい。 この絵巻も興味深い 熊野速玉大社はフレッシュ(若々しさ)を感じました。 一通りご挨拶しまして次…

夏の恒例…の前に熊野に行ってみた。

大峯フィールドワークと言う名の行が恒例になりました。 今年は集合の2日前の夜に出て、 1日熊野を巡ることにしました。 秩父から東京のパートナーと合流後、 夜の高速をいざ熊野へ車を走らせる。 雨が降ったり 止んだり 強く降ったり 止んだりを繰り返し …

家がパワースポットに成るために

家にエネルギー吸われてる気がする(苦笑) 悪い意味でじゃなくて、 木材とか 家がね そのぉ パワーアップの 為に吸ってる 土の人あるある? やる気があるのに 肉体ヘロヘロ(笑) リビングのソファーが一番充電できる気がする(苦笑) 部屋で寝ないでここで寝るか…

神棚仏壇のお祀り 整理見直しで巡りヨシ

イベントの報告も出来ていない のですが( ̄▽ ̄;) こちらの記事を先に書くのだ。 みーんなに有益だと思うのだ。 秩父曼荼羅小屋へお預けになっていた 弁才天様をやっと お迎えすることができました。 神氣充電満タンだった彼女を お迎えできるのが少し心配で…

秩父の人より武甲愛

6月4、5、6日と 秩父曼荼羅小屋day 4日は月次の龍王祭 今回は錫杖の振り方 使い方 選び方 関東関西の違いなど御指導いただきました。 5日は今宮神社での役行者祭 (役小角のご供養 6月7日がご縁日) 神社神主さんによる護摩供養 笏(しゃく)を錫杖(しゃ…

無知は最強?!

武甲山での登拝以降 無知と言うことに 興味が出て 私はなにも知らない……と日々思うのです。 お医者さんの知ってる事を知らない ケーキ屋さんの知ってる事を知らない 車屋さんの知ってる事を知らない 農家さんの知っている事を知らない。 モノが作られる過程…

諏訪の答えあわせのような…

YouTubeで諏訪に関する情報が入ってきました… 答え合わせ?が半分 更なる疑問が半分 あーなるほど と、思った事もあったので 良かったです。 感想 私的には 結局 人間は三毒と強い執着による血の争いを 太古からずーーーーーーと やっているわけで… お釈迦様(…